暴く

行動チェック

いきなり問い詰めるな

旦那の行動が怪しいとおもった時に、1番やってはいけないことは、「このメール何」などと、聞いてしまうことです。

これをやったところで何でもないよと否定されるのがオチです。

しかも、今後は、痕跡を残さないように、もっとこっそり浮気をするようになります。

私は、そうなるのが嫌だったのが、問い詰めたい気持ちをぐっと我慢し、不倫の証拠をつかむことにしました。

不倫慰謝料

なぜ証拠が大事か

証拠をつかみさえすれば、将来離婚になった時も有利ですし、離婚はせずに旦那の不倫相手にだけ慰謝料請求することもできます。

離婚したくない時は、旦那が離婚を求めてきても、証拠を出せば相手を有責配偶者にできます。そうすると別居などになっても、旦那からずっと生活費を取ることができるのです。

証拠の抑え方ですが、まず、夫が浮気相手と会いそうな日を特定します。

自分がわざと実家に帰ったり、友達と旅行にいくのもいいでしょう。夫のメールをチェックできれば、それも良いです。

実際の調査は探偵に任せて写真と動画をばっちりおさえてもらいます。

私は費用の安い原一探偵事務所を使いましたが、大手ならどこでも良いと思います。私は節約したかったので興信所の価格を調べまくりましたが。
実際、不倫相手からの慰謝料で何倍にもなって返ってきました。ちなみに離婚はしていません。

遠距離恋愛と聞くと、長続きしないといったイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。 どんなに誠実な人でもちょっとした浮気心が出てしまったり、遊びだし本人にはバレない、と軽い気持ちで恋人を裏切ってしまう人も中にはいるでしょう。

実はこの「ちょっとした浮気心」を、簡単に抑える方法があるんです。 それは、相手のすぐ近くに共通の友人が居るという事です。 遠く離れている恋人には浮気やちょっとした遊びがバレないと思っていても、 共通の友人が居ると、その人伝いに怪しい行動が伝わってしまう事もあります。 バレたらまずいと思い自然と浮気にもブレーキがかかるのです。

また、怪しいと思った時にはその友人に協力して貰うのも一つの手です。 急にそっけなくなったり、様子が変わった時には友人に浮気をしている様子がないか確認して貰ったり その浮気現場を押さえることだってあり得るでしょう。 私の場合は、付き合う前から友人と3人で遊ぶ機会が良くあり、何でも話せる仲だったので 遠距離恋愛になった時にはすぐに「何かあったら連絡して」とお願いをしていました。 実際、遠距離恋愛が始まってすぐの頃は寂しさもあってか、ある特定の女の子の話をするようになったと教えて貰いました。

友人が諭してくれた事も手伝って、すぐにその女の子と会わなくなり、浮気をすることはありませんでしたが、 もし友人が居なければ確実に浮気をしていたと思います。

仕事環境等でどうしても一緒に居られない恋人同士も多いかと思います。 今からでも、相手の職場の友人や行きつけの居酒屋の店員さんと仲良くなって、浮気を予防しましょう。

Copyright © 旦那の浮気を調べる 不倫相手から慰謝料を取るために暴きました All rights reserved